2007年05月23日

郡医師会に移管へ

養護ホーム「なぎさ園」の経営

奄美市社会福祉事業団

 保育所など7施設を経営する(社)奄美市社会福祉事業団(理事長・平田隆義市長)の2007年第2回理事会と評議員会が21日、同市役所であった。経営行き詰まりで大島郡医師会への移管を検討中の養護老人ホーム「なぎさ園」について、平田市長は「9月には決定し、年内に移管したい」とした。
 「なぎさ園」は建築から約50年たち老朽化した建物の建て替えが長年の懸案だが、事業団の設立者である市の財政難などから実現できず。市が10年以上前から郡医師会に経営移管を打診してきた。郡医師会は昨年、移管を受ける方針を決定。同園職員の処遇問題が課題に残されている。
 同園は昨年10月に介護保険適用施設となり、入所者60人中22人が介護サービスを利用。市内の事業者から受託希望もあったが、平田理事長は「介護が必要な入所者が増える中で医療と一体に運営でき、これまでの経緯からも医師会への移管が最適」との考えを示した。
 
 議事では事業団本部や7施設の06年度事業報告を承認した。

    (5月22日・地元新聞大島が伝える)

 私見を敢えて申しますが、以前紹介したと思いますが?入所者60人とは、和光園の入園者と同数である。
おりしも、昨日奄美市と自治会間で今後の「将来構想問題で意見交換」があった。詳細については、後日紹介します。

 さてこの問題を考える時に、現在の(第2の夕張市)とも言われている。奄美市に和光園の将来構想は期待できない。
全て(本省)にまる投げある。奄美市は「和光園の将来構想」問題に取り組みすでに6年目に入ったが、未だに「長寿医療センター」を、和光園内設置の要請をこの3月再度致したが、回答は何処え??
ただ対岸の火事で済まされる問題か?今一同検討委員会にて真摯に検討していただきたい。
 
 また現在中央にて「ハンセン病基本法」&施設毎社会復帰の選択肢が言われているが?入園者も真剣に考えて、選択していただきたい。


posted by Moriyama Kazutaka at 23:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ハンセン病と報道のかたち
Excerpt: 2007年5月27日NHK総合でNHKスペシャルが放映された。  にっぽん 家族の肖像第一集 母と子 悲しみの淵から   番組案内 http://www.nhk.or.jp/special/..
Weblog: 試稿錯誤
Tracked: 2007-05-28 17:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。