2007年08月11日

奄美和光園夏まつり

入所者交えた余興活気

地域の家族連れも来場

IMG_0128NO3.JPG





 奄美市名瀬の国立療養所・奄美和光園(前川嘉洋園長、入所者59人)で7日夜、第16回夏祭りがあった。園が一年で最もにぎわう一日。地域の家族連れが多数来場し、入所者とともに、園職員が腕ふるった夜店や多彩な余興を楽しんだ。
 雨天のため園内の講堂で開催。カラオケやビール早飲みなど恒例のプログラムに加え、今年は棟ごとに入所者も交えて余興を披露する趣向も。法被姿の職員や入所者たちのダンスなどで、例年以上の活気に沸いた。
 同園で実習経験のある奄美市の専門学生・福井みさきさん(29)は「閑散としたイメージがあったが、今日一日で払しょくされた。昔は入りにくくかったが、自分で壁を作っていたのだと今は思います」と話した。
 平田隆義市長(代読)は来賓あいさつで「夏まつりでの地域交流は意義深いもの。奄美雄一の国立医療機関としての役割の重要性は十分認識しており、存続問題やハンセン病啓発に積極的に取り組みたい」と話した。

  (地元新聞・大島・8日)が伝える

 あえて私見を述べるが、今回の夏祭りに自治会長の挨拶抜きは何故か?それに奄美市長代読の発言等に問題はないか?和光園の将来構想問題他に詳しい記者の取材としては、何かものたりない。

*今回自治会を存在させておきながら、
その存在を無視しているということなのか。
園長の判断なら、その真意を問いたいですね。

自治会長の挨拶がないということに
参加した地域の人たちはどれだけ気づいたでしょうか?
職員たちはどう考えるのでしょうか。
不要だと思っている?

というのは、
老健施設なども含めて、職員が企画して
地域住民や入所者の家族が集まるような
施設の祭りはけっこうあるようなんです。
(一度だけ仕事で行ったことがある。)
そういう時には、当然、自治会なんてないですから
自治会長の挨拶はない。
でもね、和光園には歴史がある。
自治会が文字どおり築いてきた「自治」の歴史が
消えて、ただの「施設」になろうとしているわけです。
祭りに来る地域住民にとって、ただの福祉施設になって
しまうということは、地域住民の認識の中から、
収容された人たちの本当の苦しみは消し去ってしまうように
思います。
形式だけのことではない、とても重要なことだと
思うのですが・・


posted by Moriyama Kazutaka at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

スティッカムからお知らせ!

お友達招待キャンペーンページ

http://news.stickam.jp/event_invite/


上記のHPから、TV他カメラ他が貰えますよ!
ただしマイミクシィに登録されている方です。未だマイミクシィに参加してない方は、知人より招待状を受けて下さい。

posted by Moriyama Kazutaka at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。