2007年07月20日

ハンセン病を正しく理解する週間

ゲートボール交流に16チーム

奄美和光園で親善大会
img074.jpg



 奄美市名瀬の国立療養所・奄美和光園(前川嘉洋園長)で30日、恒例の親善ゲートボール大会があり、百人を超す愛好者らが試合を通じて交流を深めた。
 ハンセン病を正しく理解する週間(6月24日〜30日)に合わせ毎年実施しており、今年で24回目。和光園が入所者と職員3チーム、奄美市や大和村、宇検村から13チームの計16チームが参加した。
 和光園にはゲートボールクラブがあり、園内のゲートボール場で主に夕方、練習している。これまで各種大会で優勝するなど強豪チームとして知られている。
 大会は4ブロックに分かれリーグ戦を行い、ブロックごとに優勝を争った結果、和光園は2チームが上位に入る好成績をおさめた。総合
優勝は屋仁チームだった。ゲートボール場隣の講堂にカラオケセットが用意され、試合の待ち時間には参加者らが次々に訪れ、自由にマイクを握っていた。

成績は省略する。(地元新聞・南海日日)が伝える。


posted by Moriyama Kazutaka at 22:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。