2006年12月15日

破たん回避へ行革徹底

「夕張とは運営や規模異なる」

議会・市民から厳しい指摘も

奄美市財政破たんに関連し、スポーツ紙・日刊スポーツが13日付けで「第2の夕張に」「4年後財政破たん危機」などの見出しで記載した記事を、TBSが、同日朝日放送のニュース情報番組で報じた。これに対し、平田隆義市長は同日、複数の報道機関の取材に対し、夕張市とは財政規模や運営方法などが大きく異なるなどと指摘。その上で、「財政状況が厳しい状態にあることは事実で、破たんの回避に向けた取り組みを、来年度にも本格化させる」と延べ、起債の抑制など財政のスリムへの取り組みを強調した。

 同スポーツ紙では、市財政課が11月に市のホームページ(HP)で公開した財政状況の解説で、厳しい状態となっていることを掲げ「このまま放っておくと大変なことになる」「09年度の皆既日食は本当に真っ暗になってしまう」と記載したことを記事化。今年6月に財政再建団体への移行を表明した北海道夕張市の実例も掲げ、「奄美市『第2の夕張』に」などのショッキングな見出し付けて報じている。
 平田市長はこれを受け、同日の市議会本会議で所見を述べたほか、報道期間の取材に応じた。
「第2夕張に」との表現に対しては「財政運営の在り方などから単純に比べられるものではない」と主張。夕張市の歳入総額約200億円のうち約99億円が諸収入に組み込まれるなど、公表している決算措置のあり方に大きな問題があったことを指摘した。
 さらに、一時借入金などに対する標準財政規模の比率などが夕張市とは大きく異なることも挙げ「財政規模が異なり、単純に比較はできない」などとし、記事については「ショッキングな見出し内容で、事情を知らない人が見れば驚くのではないか」と話した。HP上での資料公開については「市民の意識を高めるために、公開した」と述べた。
 一方で、財政運営が厳しい状況にあることは認識。「4年後には財政破たん」との表現に対し『何もしなければ,そうなるだろう」と延べ、「そうならないため、かなり踏み込んだ財政改革を実施する」と説明。行政改革の基本計画(来年9月策定予定)に基づき、財政不足の積戻しや記載の抑制、可能な限りの歳出カットに取り組むことを強調した。
 記事が記載されたことについては、市議会でも反響を呼んだ。一般質問で財政面について質問した三島照議員(共産)は「交付税は今後、」削減の一途をたどり、税収全体など収入は減る一方。中心市街地の整備などの支出ものしかかってくる。見通しは厳しい」と指摘。市財政の厳しさを訴える保宣夫議員(無所族)は「県にならって、特別職の給与カットにも率先して取り組むべき」などした。
 また市民団体「奄美市の財政健全化を考える会」世話人の吉田慶喜さんは「2人助役制や特別職の配置、議員の在任特例など、現状での市の姿勢には甘さが目立つ。行革にかんしても、来年9月策定ではなく新年度の予算に反映させるよう努力すべき。早急に取り組まないと、財政再建は厳しいものになる」などと述べた。

(地元・大島が伝える。12月14日)

 私見を入れるのを忘れていました。現在の奄美市は第2の夕張市にならないか、連日新聞等を賑わしています。奄美市のHPにて詳しく市の財政難が載っています。
 このよう厳しい財政難では、5年又は7年後に奄美和光園の民営化等は到底無理です。後日市議会傍聴記を記載します。






posted by Moriyama Kazutaka at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

キャノンクラブ役員会&忘年会開く!

キャノンクラブ忘年会開く!

 昨日PM7時から、市内の小料理屋にて、クラブの役員会&忘年会を開く。今年は闘牛を撮りましたが?来年の撮影のタイトルは「大島紬」に決まりました。1年を通して、大島紬の工程他モデル等を撮影する積りです。題は優しい様に取れますが?難しいのではないでしょうか?本場大島紬の良い所が出されたら良いのですが?
闘牛大会の写真は地元大島新聞の正月号で紹介されます。ご期待下さい。

 それから上期撮影のタイトルも決まりました。奄美の山の自然を撮る事に決まりました。小生は運動不足で上期撮影会までに、体重5キロから7キロ位落としたら、山歩き出来ると思います。
posted by Moriyama Kazutaka at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

奄美和光園将来構想委員会開催!

奄振の専門コンサルも提案

市当局、要望案見直しへ

長寿検証センター併設案進展なし

 
 奄美市は同市名瀬の国立療養所・奄美和光園の将来構想検討委員会(築愛三委員長、委員19人)を28日夜、市役所委員会室で開いた。検討委が厚生労働省に要望した国立長寿検証センター(仮称)併設案の進展がないため、奄美郡島振興開発(奄振)事業による専門コンサルタントの導入も視野に案を見直し、再要望する方針が示された。

 検討委は2004年7月、国立長寿検証センター併設案を厚労省に要望。その後、同省からの正式回答はないが、市当局の照会に対し同省は「長寿研究は国立長寿検証センター(愛知県)ー極集中しており、補完施設の設置は難しい」との見解を示している。約1年ぶりに開いた今回の検討委では、和光園へ向けた将来構想について改めて協議。この中で委員から「併設案実現には国民的価値の説得が必要。奄振コンサルをいれ、専門的データを示して再提案したい」との意見が出た。
また、奄美市と包括連携協定を結んでいる鹿児島大学と施設共同設置を検討する提案や、和光園入所者の委員からは「国立の医療機関にこだわらず、認知症や寝たきりの重度障害などを見る施設の併設を検討してほしい」との声もあった。


 市当局は今年度内に検討委を再開催して新たに奄美市案をまとめ、国や県に再要望する方針を提示。「厚労省に要望後、具体的な働き掛けをしてこなかった」と自省し、国立長寿医療センターの視察、関係首長や地元選出国・県会議員による直接要望など積極的な取り組を行うとした。
 奄美和光園の入園者は62人(平均年齢80・2歳。10月1日現在)と全国13療養所で最も少なく、20010年には50人を割る見込み。奄美群島唯一の国立医療機関である点や増加傾向にある一般外来の機能を考慮した。将来構想の確立が喫緊の課題となっている。
今年度から3ヵ年計画の施設整備に着手している。

(地元新聞大島が伝える・2006年11月30日)

 私見ですが、此処に参与である、和光園の前川園長のコメントが書かれていない。現在の厚労省の動きと施設長(13園)の協議会のまとめが書かれていない。現在各施設長は他の疾病と一緒に園の将来構想を考えていないし、また和光園入所者のS氏は会員の代表でない。
 問題は、あくまでも、国の施設として使用するのか?民営化で行くのか?委員会のまとめが決まっていない。国立の施設として使用するなら、法の見直しほか越えなければならないハードルは越えられるか??疑問符であ。
posted by Moriyama Kazutaka at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。