2006年11月24日

奄美和光園シンポジウム開催

介護福祉施設化を提案
「和光園」シンポジウム、奄美市で
 将来構想へ”壁”克服促す

 「らい」予防法廃止十周年、熊本判決五周年記念シンポジウム(全国ハンセン病療養所入所者協議会=全療協=など主催)が二十八日、奄美市名瀬の国立療養所「奄美和光園」であった。同園の将来構想について「全国十三療養所の中で外来診療の実施など最も条件が整っている。地域に開かれた介護施設として活用すべき」などの提案があった。

 
「今こそ手を携えて」と題して開かれ、島内外から約百六十人が参加し
た。全療協の宮里光雄会長が「将来構想は入所者の意思が反映されたもの
でなければならない。ハンセン病問題の最終解決を進める上で最大の課
題」と述べ、休会中の自治会再建を強く要請した。
 ハンセン病訴訟西日本弁護団の徳田靖之弁護士が基調講演し、「隔離政
策に私たち一人ひとりが何らかの形で手を貸してきたのではないか。その
ことが問われた十年だった」とらい予防法廃止後を総括。将来構想は@統
廃合を許さないA国立医療施設として存続B地域への開かれた施設−など
を原則とし、「実現するには法、政策、差別の壁を克服していかなければ
ならない」と報告した。
 パネルディスカッションで宮里会長は「地域にとって療養所は宝。入所
者の意思を大事にし財産として活用していくべき。一般住民を受け入れ
ることには克服すべき課題もあり、双方の努力が必要」と語った。
 徳田弁護士は、将来構想を考える上で奄美和光園は最も条件が整ってい
るとし、「外来診療を広げ、入院施設として使える道を目指すとともに、
療養所の高い介護レベルを地域に開放し、デイケアやショートステイとし
て利用できないか」と、国立の医療施設としての存続と介護福祉施設とし
ての活用を提案した。奄美和光園と共に歩む会の薗博明副会長は「地元住民の意向や根深い偏見・差別をどう払しょくしていくかが課題」と問題提起、奄美市市民福祉部の中山茂樹部長は「長寿検証センター誘致に対する国の返事はまだ無い。実現できないことはない。そのためには地元の熱意が大事」などと語った。
 
隔離政策の被害者の話があり、一九四七年に強制収容された入所者が
「当時は住民に石を投げられるなど外に出られる状況ではなく、人前で生
活しおうとは思わなかった。最近は住民の反応も変わり、私も自信がつい
た」などと語った。また、療養所での生活を体験しているシンガーソング
ライター・宮里新一さんのライブもあった。

*私見ですが!南海日日新聞記事が記載なされてないので、掲示しました。
 地元新聞では、一番読者は多いだろうが?何か役所よりに感じらることがしばしばある様に取れるが?私の考えすぎかなー


(地元新聞南海日日)が伝える。



posted by Moriyama Kazutaka at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

医師会への経営移譲示唆

「なぎさ園」介護事業所新設、5職員に辞令

 養護老人ホームなぎさ園(奄美市名瀬朝仁、山田和憲園長)の介護事業所開所に伴う辞令交付式が13日、同園であった。事業所長は山田園長が兼任し、4人の職員が配置された。
 同園は今年10月から居宅サービスおよび介護予防サービス事業所の指定を受け、訪問介護事業所を園内に開設。現在12人の入所者がサービスを受けている。
 経営主体である社会福祉法人・奄美市社会福祉事業団の平田隆義理事長は「公立施設の民間移管が広がっており、なぎさ園で経営できるとは限らない。施設の老朽化も進んでおり、市での建て替えは難しい」と延べ、将来的にには大島郡医師会への経営移譲を示唆した。その上で「入所者が安心して暮らせるような施設を目指し、頑張ってほしい」と職員を激励した。
 同園は1957年に旧名瀬市が開設。現在60人が入所している。辞令を受けた職員は次の通り(敬称略)
山田和憲(所長)、高野伸一郎、渡寛之、大津和美、山田逸見

(地元大島新聞・11月15日)伝える。


 *私見をあえて書きますが、何でもないような記事であるが?現在奄美和光園の将来構想問題等が旧名瀬市で「和光園将来構想委員会」が、立ち上げられ、これまでの「長寿検証センター」案が流れ、また過日和光園内にて
らい予防法廃止10周年&熊本判決5周年のイベントが、園内で行われた。今後の奄美和光園の将来構想案じた構想が、浮上した。問題はこれから療養所を地域に還元し、医療&介護を社会の方と「共生」し、今後官民一体となって、国に要望していくことが話されました。

 しかしながら、国は現段階では、認めてない。だとすると民営化にゆだねる事になりますが?膨大な敷地&職員数は現在120余名ですが、病院経営には、職員数100名は居る事でしょう?それらを含めて、奄美市で民営化することは、不可能に近い!

 現在の市町村合併後の奄美市の予算(平成18・7月奄美市財政課作成)表を、6ページに纏めている。赤字財政で赤信号1〜6まで目を通すと、和光園の民営化は見えてこない。叱るならば、奄美市の委員会は今後奄美和光園を、国立の医療機関として、存続するのに、今後どのようなアクションを起こすのか?見守っていきたい一人である。ネックになっている「らい予防法」の改正を視野に入れながら?いくつくのハードルはあるが?
posted by Moriyama Kazutaka at 02:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。