2006年10月31日

地域開放促し施設存続を

奄美和光園将来構想、市民ら討議

 国立ハンセン病療養所で入所者が最も少ない奄美和光園(奄美市)の将来構想に関するシンポジウムが二十八日、同園であった。より地域に開かれた医療福祉施設として存続を求める意見が相次いだ。入所者や市民ら約百六十名が参加した。
 
 らい予防法廃止十年、国家賠償訴訟判決五周年を記念し、全国ハンセン病療養所入所者協議会(全療協)などが主催した。
 国倍訴訟を担当した弁護士徳田康之氏は「将来構想は判決後、最も重要な課題の一つ」と指摘。同園が外来診療している実績やトンネル開通で市街地へのアクセスが向上した点を挙げ、「地域住民の入院も受け入れ、療養所の高い介護レベルを生かした形で福祉施設の併設ができれば」と長期存続の案を示した。
 同園入所男性(七八)は「最後の数人残ったら寂しい。地域の人と遠慮なく話せ身近な暮らしができれば」と訴えた。
 
 同園の入所者は年々減少し六十一人。平均年齢は八十歳、同園の将来構想は、国と全療協などでつくる協議会の作業部会で二〇〇四年度から議論されており、全国的に注目されている。

「10月29日。南日本新聞」が伝える。


posted by Moriyama Kazutaka at 19:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奄美和光園記念シンポジウム

地域に開かれた介護施設に」

将来構想提案(官民一体の要望不可欠)
??????〓〓〓.jpg

「写真提供・大島新聞社」


 奄美市名瀬の国立療養所・奄美和光園で28日、「らい予防法」廃止10周年と同法違憲国倍訴訟熊本判決5周年を記念したシンポジウム「今こそ手を携えて」があった。和光園の将来構想について「現在の高水準な介護を活用し、地域に開かれた介護福祉施設としての存続を目指すべき」との提案があり、実現に官民一体となった要望が不可欠と呼び掛けられた。

国賠訴訟西日本弁護団の徳田康之弁護士の基調報告を受け、和光園の将来構想を主なテーマに5氏がパネル討議を行った。徳田弁護士は和光園について、和光トンネル開通による園の市街地化や一般外来診療の実績より「全国13園で最も将来構想の好条件がそろっている」と評価。職員確保や施設維持、地域住民との共存などの観点から、介護福祉施設の併設を提案した。
 国立療養所を一般開放するための法改正、運営主体の選定などの課題はあるが「国の在園保障を補う形で提案すれば実現性は高い」と指摘。「自治体を中心に、奄美全体の要望を具体化すべき時期に来ている」と呼び掛けた。
 一方、奄美市が要望している国立長寿検証センター(仮称)の誘致は「難しい」と見解を述べ、「要望する期間を切って、実現性を見極めるべき」と語った。

全国ハンセン病療養所入所者協議会(全療協)の宮里光雄会長は一般市民への施設開放について、「従来の療養環境が崩されないかと不安を抱く入所者もいる。摩擦を起こさずに双方が喩合ができる形」と要望。「入所者の意思が将来構想の要」と、休会中の和光園自治会の再建を嘆願した。

前川嘉洋園長は「現在の外来診療を含め、一般市民との共存はハンセン病の大きな啓もうになる。入所者と話し合いをしていきたい」と語った。
 シンポジウムは全療協、国賠訴訟の全国原告団協議会、全国弁護団連絡会が主催。島内外の自治体職員や市民ら約160人が来場した。奄美二世で沖縄愛楽園に入所経験がある宮里新一さんの弾き語りライブもあった。

{2006年・10月29日・地元大島が伝える」

 私見を遭えて書きますが?先の「平成18年度ハンセン病問題対策会議」にて、園の将来構想については、現在の所併設は考えていないと説明が出る。現在長尾報告は傾聴すべき意見もあるが、研究報告であり、最終的には、行政が判断するとなっていますが?仮に奄美市が和光園の将来構想を自治体で本気で行われるのか?法の見直し他ハードルを超えなければ出来ないことになる。
 
 また今回全療協会長の発言にあるように、先ずは、入所者の生活を優先いたし、双方が融合できる施設創りは可能なのか?または地方では自治体の財政難のなかで、国に今後求めるのか?問題は山積いたしている。
先ずはシンポジウムの成功を祝う者である。
posted by Moriyama Kazutaka at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

昨日一人の老人が天国に召されました!

昨日94歳の男性が、静かに天国に召されました!


 T氏は、和光伝道所の教会員でした。小生も牧師から、電話頂き、本日午後2時30分から、行われた、葬儀・告別式に参加する。

 のべの送りでまで済まし、午後8時前に自宅に帰宅する。
前夜祭と告別式には、奄美市内の教会から、多くの信徒が、かけ付け、式典で、賛美歌他お祈りいたし。無事T氏の告別式は、日本キリスト教団名瀬教会の江連実牧師の式次第で、教会による葬儀が終わった。

 
 私見ですか、また一人の入所者が天国に召され、園内の入所者数は=61名=になった!告別式の合間に、園長と話し合いのセットを決めてきた。

 現在園では、保険診療に携わり、午後から、外来患者に庇貸して、母屋を取られる形になりつつあるので、この辺で一定の線引きは、必要である。
何故線引きするかは、職員は誰の看護&介護をするかは?説明は要らないであろう!と考えて帰宅した。
 
 平均年齢80歳過ぎの老人集団である。これまでT氏も園内作業では理髪係りをしていた一人である。最後はやはり隔離政策の被害者であることを、職員は再認識いたして貰いたい。
posted by Moriyama Kazutaka at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

下期撮影会

本日キヤノンフォトクラブ奄美支部の撮影会行う!

PICT0387.JPG



 本日AM11時〜PM3時まで「キヤノンフォトクラブ」の下期撮影会を奄美市笠利町にて、行う!
 
 今回は素人モデル(T&M)さんが、参加する。未だ20歳前と聞きくが?何か素人離れいたし、昼食をはさみ、午後からは、度胸が出で、スムーズに撮影会進む!小生も350枚位撮りました!後日100枚に落としCD等に保存する事にする。
本日の撮影会メンバー他モデルの「T&M」さん、お疲れさんでした!
posted by Moriyama Kazutaka at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

奄美和光園判決5周年記念シンポジム

********************************************************************
  西日本弁護団メールニュース 36. 2006年10月12日
********************************************************************

今回は各種行事のご案内です。

目次
● 奄美和光園判決5周年記念シンポジウム


● 将来構想シンポジウム
● 胎児問題シンポジウム

11月12日開催予定の胎児問題のシンポジウムはまだ詳細が決まっていません。
決まり次第お知らせすることにします。

--------------------------------------------

● 奄美和光園判決5周年記念シンポジウム
  「今こそ手を携えて」


  10月28日(土)午後1時30分〜5時
  場所: 奄美和光園公会堂
  

入場無料
  内容  第1部 シンポジウム 第2部 宮里新一ライブ

 チラシができましたので添付します。
 チラシを何枚かほしいという方にはお送りしますので国宗までお知らせください。
wakouen2006.jpg



● 将来構想シンポジウム

11月11日(土)全療協主催シンポジウム
 全療協主催シンポジウム
   「ハンセン病療養所の未来をつくるー社会とのきずなをもとめて」
 
  日時 11月11日(土)午後5時30分開場、6時開始
  場所 星陵会館 (東京都千代田区) 

○基調報告 全療協事務局長 神 美知宏

○来賓あいさつ
    衆議員議員 津島 雄二
     参議院議員 江田 五月

○シンポジウム
コーディネーター 弁護士 赤沼康弘
シンポジスト
    全療協事務局長  神 美知宏
    全原協会長    谺 雄二
    全医労委員長   北川 寿博
ハンセン病市民学会共同代表   訓覇 浩

(ハンセン病市民学会HPより http://shimingakkai.blog16.fc2.com/


● 胎児問題シンポジウム

主催:ハンセン病市民学会

日時:
11月12日(日)午後1時〜5時の間で検討中

場所:
FORUM 8
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-7
TEL 03(3780)0008 FAX03(3780)0098
地図→ http://www.forum-8.co.jp/k/forum8/map.html

詳細は決まり次第お知らせします。

posted by Moriyama Kazutaka at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

色鮮やか奄美の光景展示!

15日まで、キャノンフォトクラブ写真展
kiyanonn.jpg



キヤノンフォトクラブ奄美支部(壽剛進支部長)による写真展が9日、奄美市名瀬幸町のAIAIひろばで始まった。メンバーが奄美の自然や文化を撮影した作品を展示。色鮮やかな写真や一瞬の光景を切り取った写真が、会場を訪れた人々の目を楽しませている。
 写真展は商店街を舞台とした文化祭「街祭」にあわせて開催。同クラブのメンバー8人がテーマを決めずに自由に撮影した奄美の海や夕焼け、花などの伝統文化、ボートレートなど約30点を展示している。
 クラブ会員は約20人といい、会員数は減少傾向。副支部長の谷村鉄馬さん(62)は「写真展をきっかけに、会員が増えてくれれば」と話す。写真の楽しさは「撮ろうと思ってもできあがりがイメージと違う時もあるが、満足の行く作品ができた時が喜びを感じる時」といい、「写真が好きな人ならだれでも歓迎」と、多くの参加を呼びかけた。
 同クラブは月1回の例会(第2土曜日)にそれぞれの写真を持ち寄り品評。また、年2回、撮影会を開催し、技術向上に努めている。

 写真展は15日まで。問い合わせは、壽カラー電話0997−53−7300へ。(地元新聞・大島)が伝える。10月10日

 私見ですが、昨年夏入会し、初めての作品展示にて、先輩の写真を見て1年生生の写真と比較し、まだまだ技術の足りなさを痛感した展示会でした。
posted by Moriyama Kazutaka at 12:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

灯りが消える!

一昨日一人の老人(女性)が天国に逝く!

 一昨日一人の老人(98歳)が静かに天国に逝かれた!先に夫を亡くされ、その後一人で一般舎で、生活されていたが、高齢の為に不自由舎に移動し近年は病室暮らしでした。
生前夫妻は働き者で、園内の美化作業には、率先し参加された夫妻である。
それに夫は、トイレが水洗でなく、汲み取り時代は、職員の運転するバキュームーカーに同乗いたし、屎尿汲取りに従事いたし、職員&会員の為に貢献された夫妻であった!死因は老衰と聞かされている。

 それにしても、患者作業のひとつとっても昔は嫌な仕事は入所者にゆだねられ、職員は多くの作業を入所者の手によって行われていた。又和光園で灯りがひとつ消え、男性28名+女性34名=62名の数になった!

 現在一般舎と不自由舎棟の数は同じぐらいですが、平均年齢80歳以上の高齢者集団である。一日も早い施設整備3ヵ年計画を終わらせ、看護&介護等含め入所者の医療&生活等全てを看ていただきたい一人である。

 私見ですが、和光園の皮膚科外診療が、全国の療養所と比べて突出しているので、縮小案を施設長が発言いたし、その旨外来患者に他の病院紹介を致しているが、小生賛成である。

 理由は施設長が開園以来地域の方々の医療を診ていたが、すでに園の周りには、大小の病院が大分建っている。園の役割は終わったと判断し外来診療を縮小いたし、残った時間を入所者に使いたいと発言している中、先日私も外来診療で園に行ったが、ある看護師が外来患者さんが、かわいそうな発言した。せっかく園を頼って来るのに、他の病院を紹介されてと?

 私は、現在午後の時間帯治療棟を外来患者にこれまで開放してきたことは、園の将来構想に役立つと言う理由で始めたが、無理との判断なら、一日も早い看護&介護を入所者に力入れてもらいたい。又今日新たに奄美市に皮膚科診療の病院開業の看板も新聞等で紹介された。
 
 今後入所者は「らい予防法&隔離政策」の被害者である。入所者に全ての最善の看護&介護に全力投球を望む一人であると共に職員には改めて法の被害実体を把握して貰いたい!

*ここで「らい」の言葉を引用いたしましたが、法廃止依頼差別用語です  が、文章の繋がりで遭えて「ハンセン病」をらいにしました。
posted by Moriyama Kazutaka at 18:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。