2006年08月16日

キヤノンクラブ夏のビヤガーデン例会

恒例のビヤガーデン例会!

 過日市内のビヤガーデン例会(毎年夏の例会)が、台風接近の為キャンセルになる。急遽場所を居酒屋に決め、例会を始めた。
小生は初めて、マクロレンズを使用いたし、3枚の写真を自信もって出したが、本人の考えと、プロの先生の目は厳しく、やはり先輩達の写真が、1席〜3席をとりました。まだまだ勉強が足りない事を痛感した例会でした。20年の先輩と1年の若輩との違いでた例会でした。
〓〓〓〓????.jpg

写真は居酒屋でのクラブメンバーです。お互いに写真の話題を魚にわき合いと、島の焼酎を飲みながら、楽しいひと時でした。


posted by Moriyama Kazutaka at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

夏祭り!

園の垣根越え交流
  和光園夏祭り

住民、入所者で盛り上がる
??????????¨.jpg


 奄美市名瀬の国立療養所・奄美和光園(前川嘉洋、入所者64人)で10日夜、毎年恒例の夏まつりが、開かれた。カラオケや寸劇など多彩なステージが披露され、来場した地域住民、入所者の目を楽しませた。
 
 奄美和光園、全医労和光園支部が主催した夏まつりは今年で15回目。来賓であいさつをした平田隆義市長(代理)は「園のあり方について解決すべき課題が多いと聞いている。存続に向け積極的に協力していきたい」と述べた。
 会場に設けられたステージでは、地元保育園児による遊戯、島唄、和光園職員による寸劇などが繰り広げられ、会場を盛り上げた。さまざまな飲食物の出店も軒を連ね、知人同士で歓談する住民や入所者の姿が多く見られた。

 園内で入所者と野菜作りを行っている「ふれあい和光熟」の子どもたちも感想文を披露。地元・有屋、浦上地区の住民も多数集まり、
開かれた療養所を印象付けた。
 入所者の男性(85)は「納涼祭、敬老会などと同様、夏まつりは年中行事の一つ。毎年楽しみにしている。子どもたちもたくさん来場しうれしい」と笑顔を見せた。

(地元紙・大島8月12日)が伝える。
 

*私見ですが、来賓挨拶で園の存続問題に行政が発言されているが、現実は挨拶とは対称に園では、静かに終末に向かいつつあるのが、現状ではないのだろうか?それに今回の祭りに「道の島太鼓」の出演がなかったと伺ったがこれも今年から、中止になったのか?それとも、「道の島太鼓」が多忙でこれなかったのか?来年は復活を希望する一人である。ともあれ自治会の協賛の火が消えて二年目の夏まつりは無事終わったみたいだ。職員の皆様ご苦労様でした。小生は藪用で今年は参加しなかったが、気持ちだけを伝えた。
posted by Moriyama Kazutaka at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

胎児問題2

さて、この「声明」に基づき当園東園長あてに藤田自治会長名で提出した先の「胎児標本に関する質問書」だが、結局東園長は当時の小林茂信元園長にこれを送付。したがって、小林元園長より東園長への回答の形で返されてきたものが、そのまま私たち自治会に届けられたので、これを施設当局の第一次の回答として次に紹介しておく。


―前略―ご質問の件、お答え致します。胎児標本に関する質問書

一、カルテ調査結果について

   記憶がない

二、胎児標本の処理について

  @焼却は厚生省の指示によるものか A施設当局の判断か

  指示なし、園長の判断。

  B胎児標本は何体だったのか。

  記憶なし。

  C胎児の親に当たる入所者に何の連絡も行わなかったのはなぜか。

  記憶なし。

―中略―資料もありませんし、記憶もうすれ、回答になりませんが、以上の通りであります。

            三月一日   小林茂信



 この小林元園長の「回答」をみるかぎり、「胎児標本」問題解決への道がいかに険しいものか、改めて思い知らされるだが、しかしまたこのように「記憶なし」で済むことでは決してない。私たち入園者自治会は、全療協臨時支部長会議の「声明」にある通り、「今後共、あらゆる機会をとらえ、その原因と責任の究明に努め」て止まない。もちろん胎児遺族の心情からすれば、知らされぬまま五十年余も愛しいわが子がホルマリン漬けにされていたわけで、あるいは闇の中で処分されていたのだから、一日も早く葬儀・供養したいだろう。その実現へは、これも同じく全療協「声明」の指摘―即ち「国および施設当局による直接の慰霊、謝罪の意の表明を必要不可欠とする」ものである。

 そして折りしも、六月一三日〜一四日の両日にわたる「全療協・平成一九年度予算要求統一行動」実施最中の一四日、川崎厚生労働大臣との直接交渉の際、同大臣より「胎児問題についての謝罪」が行われた。行動に参加した藤田会長の報告もマスコミ報道の通りで、それは「患者、家族が多大な精神的苦痛を受けたことは誠に遺憾。心からお詫びをする」との言葉だったが、しかし先に紹介した国立病院課の「通知書」に示された「異常死の届出」や「検死の届出」はしない方針とか。これでは身元不明の胎児のDNA鑑定なし、また「新生児殺」も不問というわけで、厚労省の「謝罪」=「胎児問題隠蔽」でしかない。なお施設当局は、同月二一日、やがてハンセン病研究センターから戻される胎児の関係者並びに同じく胎児遺族の桜井哲夫氏に対し、東園長が直接出向いて謝罪した。私たち自治会は胎児関係者や遺族の意思を尊重しながら、このたび新たに発見された一体を含む一四五体の現存する標本胎児と、すでに闇にまぎれて処分された数百に及ぶだろう標本胎児や、さらにこれまで三000をこえる強制堕胎児すべての冥福をかちとるため、検証会議解散後その事業を国民運動として発展・継承し、胎児問題でも徹底的な真相究明をめざす「ハンセン病市民学会」(藤野豊事務局長)との連携をいっそう強め、この問題での国の違法行為の幕引きをゆるさず、あくまで納得のいく検証を求めて全力を尽くすものである。
(06・6・22)








posted by Moriyama Kazutaka at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。